News

小沢新党で思うこと

先日民主党から離党した小沢さんがついに新党を立ち上げるようです。

なんとなくまたか‥という感じがしませんか。

小沢さんは今までも離党や新党立ち上げを繰り返していますよね。

その結果、何か国民にとって良いことはあったのでしょうか。

何もなかったような気がします。

いろいろな政党があって、それぞれにいろいろな意見を出し合ってよりよい政治をしていくならば政党の意味もあるかと思います。

しかし、今はどうみても各政党足の引っ張り合いをしているようにしか見えません。

本当に議案や法案に対して真剣に審議をしているのかなと疑わしくなります。

また、今回の民主党のように、消費税アップは行いませんと謳いながら、増税法案を通すという公約違反を行う政党も出てきました。

選挙のときに民主党に投票した人達は、民主党が出したマニュフェストに賛同して投票したという人が多いのではないでしょうか。

もちろん世の中の動きによって、公約を守ることができなかったというものも出てくるかもしれません。

それはそれで仕方がないことかもしれませんが、それならば、その理由や今後の対策などをきちんと説明して欲しいなと思います。

このようなことが繰り返されるようならば、ますます政治に対する不信感が強くなってしまいます。

小沢さんの新党はどうなるのでしょうか。

まあ、あまり期待はできないのではないかと思います。

あるテレビの番組で、「小沢さんは壊し屋と言われているけれど、壊し屋ではなく作り屋と言ったほうが正しい」と言っている国会議員がいました。

ものは言いようですね。

さすが政治家だなと思いました。

壊しては作り、壊しては作りでも良いのですが、何か良い結果を出して欲しいと思います。

小沢さんと一緒に離党をして新党に参加する人達は、新しく作られる政党もまたいつか壊されるのではないかという不安はないのでしょうか。

本意ではなく離党したという人も中にはいるかもしれません。

離党も新党結成もそのような動きは私達にとってはどうでもよいことです。

ただ、日本のために、日本に住む人のために政治を行って欲しいと思います。

そう思っている国民は多いのではないかと思います。

その声は届いているのでしょうか。

ジュリエッタジープコンパス

オリンピックと治安問題

ロンドンオリンピックが近づいてきていますよね。

どんな試合を見ることができるのか今から楽しみです。

最近、オリンピックに関するニュースがたくさん流れていますが、その中に気になるニュースがありました。

そのニュースは、ロンドンオリンピックの会場近くにミサイルが配備された、というちょっと物騒なニュースです。

オリンピックと言えば平和の祭典ですよね。

このときばかりは、武器で争うのではなく、正々堂々とスポーツで争おうというものです。

その場所にミサイルを配備なんて‥と思うとちょっと暗い気持ちになりました。

このミサイル配備は、テロ対策のためなのだそうです。

平和の祭典であるオリンピックと言えど警戒は必要なのでしょう。

万一のことを考えると当たり前の行為なのかもしれません。

配備されるのは、短距離防空レイピアミサイルとスターストリーク高速ミサイルというミサイルなのだそうです。

名前を聞いただけではどのようなミサイルなのか分かりませんが、空からの攻撃にも地上からの攻撃にも対抗できるようなミサイルなのでしょう。

ロンドンに住んでいる人は、このミサイル配備に対して、「よけい危険にさらされる」と反対しているのだそうです。

テロリストがまずそのミサイルを狙ってくるかもしれないという不安は確かにあるだろうと思います。

オリンピックに限らず、世界的に大きなイベントがあるときには、治安がまず問題になりますよね。

最近は、どこの国でテロが起こってもおかしくありません。

人が集まるところだからこそテロの標的になりやすいということもあるかもしれませんね。

安全のためには、やはり厳戒態勢を敷くことが必要なのでしょう。

もしオリンピックでテロが起こったらそれこそ大惨事になりかねませんよね。

考えてみるととても恐ろしいことだと思います。

イギリスの国防相は、ミサイルは、強力な抑止力と安心感を与えてくれると強調しているのだそうです。

前回の北京オリンピックでも、治安維持が最優先と言われていたのだそうです。

確かにそうですよね。

どんな立派なスタジアムよりも、どんなに素晴らしい開会式よりも、治安維持は大事なことだと思います。

正々堂々とスポーツマンシップに基づいて競技に挑む選手達に水をさすようなことが起こらなければいいなと思います。

これから始まる平和の祭典が無事に閉幕すること祈りたいと思います。