News

生粋のきゅうり好き

私は、夏野菜の中では、きゅうりが一番好きです。

トマトも結構好きなのですが、やはりきゅうりにはかないません。

子供の頃、野菜はあまり好きではなかったのですが、きゅうりだけは好きでよく食べていました。

生粋のきゅうり好きです。

なので、最近、きゅうりが安くなってきたので嬉しいかぎりです。

きゅうりって青っぽい味がして水々しいですよね。

そこが好きなのです。

暑いときに冷やしたきゅうりは特に美味しいなと思います。

先日、よく行く八百屋さんに行くと、大きな袋にきゅうりが大量に入っていてなんと100円で売られていました。

これは買うしかないと思って迷わず購入しました。

入っていたきゅうりは1本1本がとても大きかったです。

このきゅうり、とりあえず3本スライサーで薄く輪切りにしました。

そして塩をしました。

こうしておくとしばらくはもつのだそうです。

でも、ちょこちょこ食べていたら、なんとその夜のうちに全部食べてしまいました。

まあ、まだきゅうりはあるのでいいのですが。

それくらい私はきゅうりが好きなのです。

きゅうりは塩をしてそのま食べるのも美味しいのですが、甘酢につけても美味しいです。

前に、美味しい甘酢を頂きました。

その甘酢に野菜をつけておくとお漬物のようになって美味しいと聞いていたので、大根を漬けたりしていました。

そして、この甘酢にきゅうりをつけたらとても美味しかったのです。

お漬物のようにはなりませんでしたが、きゅうりと甘酢はよく合いました。

きゅうりは酢の物にも良いので甘酢に合うのは当たり前なのかもしれません。

また、母からもらった梅しょうゆをきゅうりにかけて食べるのも美味しいです。

梅しょうゆは、その名前の通り、しょうゆに梅をつけたものです。

しょうゆが梅風味になってとても美味しいです。

梅ときゅうりというのも良く合いますよね。

梅しょうゆをきゅうりにかけたら、さっぱりした味になっていくらでもきゅうりを食べることができるようでした。

甘酢にしろ、梅しょうゆにしろ、きゅうりと合わせるときには、ごまやかつおぶしをかけるとさらに美味しくなります。

また明日きゅうりを切ったら、一気に食べてしまうかもしれません。

今はきゅうりが安い時期なので、今のうちにたくさん食べておこうと思います。

ステップワゴンスパーダ

かにやのおにぎり

おにぎりで有名な「かにや」というお店があります。

先日、久しぶりにこのお店に行ってきました。

かにやは、長崎市にあります。

中華街や長崎の繁華街である思案橋の近くにあります。

全国放送のテレビで紹介されたこともあるのだそうです。

私は、このお店のことを友人から教えてもらいました。

おにぎりなんてどこで食べても同じだと思っていたので、あまり期待はしていませんでした。

繁華街で飲んだあとの締めにこのお店のおにぎりを食べるという人も多いのだそうです。

初めてこのお店に行ったときは、私達も飲んだあとでした。

私が「美味しいおにぎりのお店があるから行ってみない」と誘いかにやへ向いました。

かにやに行って驚いたのは、おにぎりの種類の多さでした。

20種類以上はあるのではないかと思います。

定番のこんぶや梅などの他に、うずらの卵やくじら味噌など珍しいものもありました。

そのときは、かにやと言えばこれと言われている塩さばととり味噌を食べました。

出てきたおにぎりは、ちょうど良い大きさで、一口食べるとごはんがふっくらしてやわらかく「美味し!」と思いました。

ご飯は、良いお米を使って美味しく炊いてあるのでしょうが、握り方も絶妙なんだろうなと思いました。

塩さばのおにぎりは斬新な味がしてとても美味しかったです。

確かに飲んだあとにぴったりでした。

そして、今回、久しぶりのかにやです。

ちょっと有名になったのか、外観がきれいになっていました。

今回も飲んだあとのおにぎりでした。

今回は、あっさりしたものを食べたかったので、はとうがらしときゃらぶきを注文しました。

はとうがらしは、少し辛いなというくらいでびっくりするほど辛くはなく、予想通り、さっぱりとした味でした。

きゃらぶきは、フキの佃煮でした。

甘さがちょうど良かったです。

どちらも美味しく頂きました。

おにぎりなんてどこで食べても同じだろうと思っていた私の考えは、このお店によって覆されました。

おにぎりってお米や握り方によって全然違ったものになるのかもしれません。

もし長崎に来ることがあれば、飲んだ後にこのかにやに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

おすすめです。

おにぎりのイメージが変わると思います。